ふくさん が行ったことのある ちょっと問題がある船宿

問題1) フグ船を出している時があるのですが 白子の時期だけは 要注意です。
フグを捌いてくれるし フグ処理士 もちゃんと居るのですが 白子は渡してくれません 欲しければ内臓ごと 持って帰れとのこと 白子を持つ時期は 身はあんまり美味しくないですよね 白子目当てで行くわけですが これでは捌いてくれないのと同じことと思います。

問題2) フグ船であったのですが 早起きして みよしの席を確保したのですが 乗り切れない客を 大みよし 席札も無い 船の突先へ 乗せるんですわ これでは 席順早い者勝ち とは言えませんよね。

フグ船は要注意です!
それでも 価格面等で お乗りになりたい方は どうぞご自由に 嫌な思いをされないことを祈るばかりです。

2006年5月28日 以下のようなコメントがようやく出ました。
***下船後に専用流し台にてフグ調理師が捌きますが、身部分のみのお渡しとなります。危険部位の皮及び頭部や内臓(白子等)をお持ち帰りになりたい方のフグ調理は当店では致しかねますのでご了承下さい。***
 

他船情報
吉野家(浦安)ホームページ上で 身と白子を捌いてくれることを 明記してあります。
http://www.funayado-yoshinoya.com/sentyou.php?user=1  ←釣果ページ 一番下の方に明記
http://www.funayado-yoshinoya.com/  ←吉野家ホームページ

野毛屋(金沢八景)2006年5月27日午後5時ごろ 電話にて確認済み 白子と身を捌いてくれるそうです。
http://www.nogeya.jp/  ←野毛屋ホームページ

 

 
 

 

ふくさんが 行ったことのある劣悪な船宿

 カワハギで有名な 巳之助ですが お客を詰め込みすぎるとの悪評も絶えませんね。
これは 実際当家が体験をした 実に不愉快は事件です。

事件1) 当家は下手の横好きで カワハギ釣を楽しんでいたのですがこの事件後は カワハギ釣へは行かなくなりました。
 数年前の釣行時に 反対側の釣り人とお祭りを家内がしてしまい ちょうどその時 場所変えをするので 仕掛を上げてとのアナウンスがありました。
お祭りをしているので 待ってて欲しいと 親爺船長に お願いしたのですが 「仕掛を お互い引っ張っていてくれ」と言い捨てて そのまま 船を走り出してしまいました。
しょうがないので そのまま仕掛を 引っ張っていますと 急に 軽くなってしまい??おかしいなと思ってたら どうも 反対側の釣り人が お祭りが解けたので 仕掛を 離してしまったようです。
 で 当然 こちらの仕掛はスクリューに 絡まってしまい 道糸と仕掛を無くしてしまいました。
ここまでは 良くあることですが スクリューに絡まった件で 親爺船長が 文句をこちらに言う始末。

 頭に来たので 怒鳴りつけてやったのですが 運転席で涼しい顔 聞こえない不利をしてるのだか 聞こえないのだか 他のお客さんは わしの怒鳴り声で ビックリしてましたがね。

 客に文句を言う前に 親爺船長は やるべきことはちゃんとやっていてもらわないと困りますよね。
今回は お祭りした双方のお客に ちゃんと指示を出していなかったから この様な事になったのに 自分は責任無いとばかりの態度には あきれます。 

 

事件2) お客様いっぱいで 満席です。 もう何処も座る所はありません・・・・でも 欲張り一家の 巳之助は お客を 大みよしの船の突先へ 座らせました。
 さて 出船です。
いきなり マイクで 大みよしの客に文句言ってます。
「んな所 座られたんじゃ 前が見えねえじゃないか!」 
ですって 自分たちの 強欲で座らせといて 客にマイクで文句を言う この船宿 頭悪いのか 根性が悪いのか 両方でしょうかね。

※釣らせることは釣らせます。 でも 気分よく釣をしたい方は 重々ご注意をして下さいね。

※2005年から2006年にかけて カワハギ釣 当家も再開致しました。
船宿は 金沢八景の 弁天屋 です。
久里浜沖しかやらないので 釣期は短いですが 親切で丁寧ですので気に入っております。
ただ 久里浜沖のカワハギ 年々釣れなくなっているようですね ちょっと心配です。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~bentenya/  ←弁天屋のホームページです。